セラミドのパワー

セラミドとは?その保湿効果の秘密とは?

セラミド,配合,化粧品,乾燥肌,敏感肌,アトピー性皮膚炎

 

当サイトではセラミド効果について徹底的にご紹介します。

 

お肌の保湿成分は様々ありますよね。
だから、何を使ったらいいか分からない!そんな方も多いはず。

 

しかし、その抜群の保湿力はヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンといった成分よりも、はるかに優れています。

 

水分保持力に優れるセラミドを中心とした保湿成分を
角層に届けることが、数ある保湿のお手入れの中でも、もっとも確かな結果を出すと言われています。

 

そこで、今回はモデルも大注目のセラミドの効果についてご紹介していきます。

 

 

セラミドとは?

 

まず、「セラミド」についてお話しします。

 

「セラミド」とは、お肌のバリア機能を担う最重要成分なんです。

 

 

『角質細胞間脂質』は、知っていますか?

 

この『角質細胞間脂質』は、私たちの肌を守ってくれるバリア機能です。

 

その主成分が、「セラミド」なのです。

 

 

角質細胞間脂質について

 

保湿を担う三大要素は角層にあります。

 

角質層は、肌の一番表面にあり、その厚みは0.02ミリほどしかないですが、そこには肌の保湿を担っている三大要素が全てあります。

 

三大要素

 

  1. 皮脂膜
  2. 天然保湿因子(NMF)
  3. 角層細胞間脂質

 

 

この3つが肌の保湿を担っています。

 

水分を保持する働きの割合は、下記の通りです。

 

皮脂膜 2〜3%
天然保湿因子(NMF) 17〜18%
角層細胞間脂質 80%

 

つまり、『角質細胞間脂質』でが主に水分を保持する働きを担っているのです。

 

その『角質細胞間脂質』での主成分は、全体の50%を「セラミド」が占めています。

 

つまり、私たちの肌に水分を保持してくれる働きを「セラミド」がほぼしてくれてるのです。

 

 

セラミドの減少で肌トラブル

 

肌の水分の保持をしてくれる「セラミド」ですが、このセラミドが加齢や間違ったスキンケアなどで、減少してしまうことがあります。

 

そうなると、お肌のバリア機能が正常に保てなくなるため、少しの刺激(洋服が擦れたり、細菌など)で肌荒れや乾燥などの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

アトピー性皮膚炎にもセラミドは関係あり

 

たとえば、アトピー性皮膚炎のある人はそうでない人と比べるとセラミドの量が3分の1しかありません。

 

生まれつきセラミドが少なかったり、作る力が弱いとアトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

 

 

セラミドはとても大事

 

お肌の保湿には「セラミド」がとっても重要だということは分かって頂けたと思います。

 

乾燥肌や敏感肌の方は、「セラミド不足」が原因になってることもあるので、

 

乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎など様々なお肌トラブルに悩んでいる方は、何よりも「セラミド」をお肌に届けてあげる事が1番なのです。

 

セラミドなどの保湿成分を角層に届け、水分を抱え込む働きを助け、うるおいのある肌を保っていきましょう。

 

 

 

セラミドの美容効果

 

サンプルサイト

セラミドには、どんな美容効果があるのか?についてご紹介!

≫詳細ページ

セラミドの種類と効果の違い

 

サンプルサイト

セラミドの種類と効果の違いについてご紹介。天然セラミドとヒト型セラミドが、保湿には効果的!

≫詳細ページ

間違えた保湿の方法

 

サンプルサイト

間違えた保湿の方法で、セラミドを自ら失ってしまっているかもしれません。アナタは大丈夫ですか?

≫詳細ページ

セラミド配合の化粧品選びのポイント

 

サンプルサイト

セラミド配合の化粧品を選ぶときに、絶対に抑えておきたいポイントをご紹介!この2つさえ押さえておけばバッチリ!

≫詳細ページ

ピュアセラ美容オイルの効果は?

サンプルサイト

ピュアセラ美容オイルの口コミや効果とは?ピュアセラ美容オイルの魅力に迫った。

≫詳細ページ

セラミディアルモイスチャーの効果は?

 

サンプルサイト

セラミディアルモイスチャーの効果や口コミなどは?洗顔石鹸、化粧水、美容液、保湿クリームと基本的なお手入れを全て抑えたトライアルキット

≫詳細ページ

更新履歴